不安が募る

夫が女友達とメッセージを頻繁にしていて不安になった。

「この音楽良かったよー」

「さっきこのカフェ行ったよ」

とか、数秒単位でどうでもいい内容を永遠にレスし合い一見お花畑の二人の会話。

 

最初やりとりを見てしまった私は「え?なんでこんな頻繁にやりとりする必要があるの?あなたは結婚して子供のいる人でしょ?女友達だとしても頻度がおかしくないですか?」

とつい夫をつついた。

夫「普通に他の男友達と同じように、ただメッセージしてるだけじゃん!?なんで疑うの!?」

私「そっか。じゃあやましくないならやりとり全部見せてくれる?」

夫「いやだ。誤解されるから見せない」

私「誤解されるような内容なの?」

夫「違うけど見せない」

そのままスマホをいじって何か消してる(?)様子の夫。

私「なんで消してるの?」

夫「消してない。ちょっと待って」

私「何を待つの?」

夫「・・・」

5分ほどして、スマホをいやいや見せてくれた。

どうでもいい2人のやりとり。学生みたいなどうでもいい会話。

夫「別にやましいことなんてないだろ!」

その後、スマホを握りしめてお風呂場に鍵を閉めてスマホを持ち込む始末。

ああ・・・。その行動が怪しいんだよ。

 

お風呂から夫が出てきたので

「いつもは鍵なんて閉めないのにどうして?」

と聞くと

「お前もたまに鍵閉めるじゃないか・・・」

と反論。

「私は裸の時に開けられるのがいやだから、入って来そうな時は鍵を閉めただけよ」

「・・・」

もうこれ以上この人に問いただしても無駄だなと思い話すのをやめた。

彼がやりとりを消した可能性は高いし、私に見せれない何かがある様子なのは事実だ。

一言も喋らないまま、翌朝を迎えた・・・。

朝になって夫が「昨日はごめんね。ただ疑われるのがいやで。見られると監視されてるみたいでいやじゃないか。そういうのわかってね。でもやましいことは本当にないんだよ」

と言ってきた。

うん。わかるよ。その気持ち。でもね、婚前契約書で私の不安を取り除くためにiPhoneのパスコードは変えない、妻が求めればSNS各種アカウントのIDパスを開示するって約束したんだよね。

そういうのお互いに認知した上でやり直したんだよ。いつでも見られる可能性があるのに、必死に隠そうとするのはなんだろう。色々と言ってやりたかったけど、表向き何も言わなかった。

私「そうだね。信じたいよ。でも女友達にしては連絡の頻度が高すぎるから心配だな。もっと減らしてくれる?」

夫「・・・うん」

これでこの会話はもう終わり。それ以降触れていない。

でも、夫が彼女とのやりとりをこの日から消すようになったのを私は知っている。

それについてもう何も言っていないし、言ったところでもう解決しない。

そういう夫なのだ。

それを選んだのは私だ。

いやなら別れるべきだ。

メソメソ嘆いてるのは好きじゃない。

夫に一度は私の気持ちを伝えた。でも変わらない。

胸くそ悪いので、相手の女にも直接一言声をかけようと思っている。
(あくまでも冷静にね)

あとはもう放っておくことにする。もし不貞行為があればその時はまた夫とその相手を訴えるつもりだし、その証拠を掴むまでもう何も言わない。

相手を信じるって、こういう小さな毎日の積み重ねの結果だから正直今は信じられるわけがない。

それを夫もわかっているのだろうか。いやわかっていないからそういう行動ができるんだろうな。

あと数週間で子供が産まれる予定なので、今はこんなことに気持ちを乱されてる場合じゃない。

この人が不倫しようがしまいが、私自身がちゃんと自立して生きていけるような収入を得る必要があるのは代わりないし、今はその状態を目指してただ淡々と生きていこう。

不安なのは、自立できる自信がなくて裏切られて路頭に迷う恐怖があるから。

それを消す努力は自分できっとできるから、頑張るしかない。