離婚しました

2017年8月19日

夫の不倫を理由に3月末離婚しました。
その手続きと精神的なダメージでしばらくブログから遠ざかっていました。

2017年1月に妊娠が発覚し、その2週間ほどで「離婚しよう」と夫に言われました。

問い詰めると「不倫した。その人が好きだ。もうお前のことは愛してない。子供も堕ろせばいい」そう告げられ夫は1月末に家を出て行きました。

私は130万円ほどかけて探偵を雇い、不貞行為の証拠を集め弁護士を雇いました。
そのおかげで3月末に、有利な条件で離婚はできました。

と言っても、不貞行為の慰謝料350万円。養育費月5万円を子供が20歳になるまで…という内容です。

正直少ないです。
子供の生活費はこの金額には含まれないのですから。

離婚成立までに、子供をシングルマザーとして産むのか・堕ろすのか考えました。
いろんな人に相談しました。

メリット・デメリットを考え合理的に処理しようとしました。
でも、妊婦健診で子供が必死に生きようとしてる姿をエコーで見てたので
堕ろすなんて選択肢は私にはとれませんでした。

胎嚢だった黒豆みたいな形から、どんどん人間らしくなってきて
次第に小さい体で手足を動かす姿を見てきたので
そんな可愛らしい我が子を殺すなど無理でした。

一人でもこの子を育てていこう。
産まない後悔はしたくないから、産んでこの子と幸せになってみようと思いました。

実の両親からは大反対されて
「堕ろさないなら家族の縁をきる。二度と会いに来るな」と罵られました。

私が悪いことをしたわけでもないのに、そのように反対されるのは正直辛かったですが
両親も私の将来を心配しての言葉だったと思っています。

1人でも子供を育てていくという私の覚悟が揺るがないことを両親も理解してくれたようで
次第に応援してくれるようになりました。

職場の人にも、事情を説明してこの先迷惑をかけることを理解してもらえました。

引っ越しもして、1人でも生きていけるように準備をし始めた矢先、別れた夫が戻ってきました。

正直最初はありえないと思っていました。
妊娠中に裏切られ子供のことも堕ろすように言われ、一番辛い時に逃げ出した人を信じることなんてもう二度とできない。

また再婚できるかもしれないし、シングルマザーとしてでも幸せにやっていけるかもしれない。そう思ってました。

でも、元夫からの説得に心が折れ子供が生まれてから再婚することにしました。
自分でもそんなリスクをとるなんてバカだなと思うし、周りの友達や同僚にも反対され距離を置かれたりもしました。

もちろん不倫されたことは一生許せないし、忘れない。
だけど、
やっぱり夫のことを愛してたのでしょうね。
1年間辛い妊活を乗り越えてきたのも夫のことを愛してたからで、その人との子供が欲しいと願ったから。
一緒に子供の名前を決めたり、子供の育て方を話し合ったり、ベビーグッズを揃えたりそういうことが一緒にしたかった。
当たり前にそういう未来が来ると思ってたのに、離婚して当たり前じゃなくなった。

夫とやり直すことで、もう一度望んだ未来を過ごすチャンスがきて嬉しかった。
裏切られたので完全に信じることは二度とないのだけど、毎日の積み重ねでまた信じていけるようになればいいと思ってます。

それでも信用するには、時間がどうしてもかかるので婚前契約書を作成することにしました。
こちら有名な弁護士に依頼し公正証書として保管しています。内容は、財産を中心にしたもので最悪離婚しても経済的なデメリットは回避できるものにしました。

離婚して子供がいて、一番不安だったのは経済的不安でした。なので、万が一のためにそのリスク回避はしておけるように婚前契約書を作りました。
また、これからはどんな未来になろうとも、自分の力でも生きていけるように稼ぐ力を身につけないといけないと痛感したので、そのための準備も着々と進めようと思います。

二度と裏切られたくもないし、離婚もしたくないので
今できるだけの努力を重ねて、ただ無事に過ごせる毎日に感謝していこうと思っています。
相手を変えることはできないかもしれないけど、自分は変えることができるから。

どんな未来がきても、決断したのは自分なのでちゃんと自立して生きていこうと思います。