初めて妊娠して気づいた4つのこと

2017年8月16日

妊娠してから初めて知ったことがたくさんありました。

不妊治療に必死で妊娠~出産に関しては全く調べてなかったので(๑•́‧̫•̀๑)

勉強して見ると意外な発見と気づきがたくさんありました。

1. 実際は10ヶ月後に赤ちゃんが産まれるわけじゃない

赤ちゃんは10ヶ月後に産まれるものだってずっと思ってたけど、実際は違う。

最終月経日を妊娠0週0日目と数え始めるから(๑•́‧̫•̀๑)

この時はまだ妊娠実際はしてないのに(´ω`*)ドユコト。

排卵日に受精して日ですら、妊娠2週0日目とカウントします。

だから、実際に妊娠に気づく4週~6週頃には1ヶ月~2ヶ月目。

そう妊娠してから出産まで実質8ヶ月しかない(´;ω;`)ブワッ

そう思うと短い。あっという間に家族が増えるのですね。

2. 病院を決める時期が早い

妊娠がわかった4~6週目くらいには、どこの病院で産むのかを決めないといけません。

どうやら分娩予約を早めに取っておかないと予約がとれないみたい。

「どの病院にすればいいのかわからん(^◇^;)」と思ったので

条件を決めて絞っていくことにしました。

・家から近い

・ご飯が美味しい

・綺麗

・高すぎない(個室は無理かな…)

…条件に合うのは杉山産婦人科かな。

不妊治療してた人は3万円値引きにしてくれるようだし、芸能人にも人気の病院らしい^^

よし。決まり。

このくらいの勢いで決めてしまいました(๑•́‧̫•̀๑)

3. 会社の手続きは妊娠発覚直後から準備すべき

産休中は会社からは無給ですが、健康保険・雇用保険から過去半年分の給料の2/3の額が出産手当金・育児休業給付金としてもらえます。なので給与額が多い方が支給額も大きいですよね。

確定拠出年金をしてる方は、出産がわかったらすぐ掛け金を最小額にすべきです。
拠出額が最小であれば、手取りの給与額が増えます。その結果出産手当金も増えます^^

こちらのサイトで自分の産休中にもらえるお金のシュミレーションができます(๑•́‧̫•̀๑)

http://www.office-r1.jp/childcare/

私の手取りが33万(仮)として計算してみました。

ギリギリまで産休とって休んでみるぞっ٩( ‘ω’ )و!

 

4. 予定日から逆算して全てを準備する

妊娠発覚後約8ヶ月後に赤ちゃんが産まれるのだとしたら、夫と2人家族として過ごす日曜日は一生のうち残り約35回しかないことになります。

この35回の間に、今まで行きたかったレストランやデートスポットに行ってみる良い機会です。安定期を把握したら、その時期にやりたいことを詰め込んじゃいましょう٩( ‘ω’ )و

他にも、保険の見直しや引越しなど環境作りも終えて怒涛の8ヶ月を楽しむしかないですね!